スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余りに理不尽なこと ― 第二の琉球処分

 戦後、日本の領土(戦争や武力で取得し、もしくは併合した領土は除く。)は、三分割され、それぞれ異なった主体と態様の占領がなされた。一つは、いうまでもなく日本列島本体に対する連合国最高司令官兼米国太平洋陸軍総司令官マッカーサー元帥による間接占領、二つは琉球列島・小笠原諸島に対する米国太平洋方面海軍司令官ニミッツ提督による直接占領、三つは千島列島に対するソ連極東軍司令官ワシレフスキー元帥による直接占領である。

 日本列島本体は、日本の統治機構がそのまま温存され、ポツダム宣言に基づく占領政策が、日本の統治機構を通して、日本政府の意思に基づくとの形をとって実施された。統治の根本規範たる憲法について、万世一系の天皇主権と天皇大権を定めた大日本帝国憲法の改正手続をとって国民主権、恒久平和主義、基本的人権尊重の日本国憲法が制定されたのもその一環であった。
 琉球列島・小笠原諸島については、日本の管轄権から切り離され、その戦略的重要性に着目して米軍のアジアにおける拠点と位置づけられ、米軍(当初は海軍であったが、その後陸軍→海軍→陸軍とめまぐるしく変わった。)の軍政下に置かれた。
 千島列島については、実際には占領ではなく、ソ連領土への編入であり、強奪であった。

 このような状況のもとで、戦後最初の衆議院議員総選挙が、1945年12月に実施されたのであるが、沖縄県、小笠原諸島及び北方領土住民の選挙権・被選挙権を停止され、国政に参加する道を断たれたのであった。
実は、この選挙に先立つ第89帝国議会において、女性に参政権を認める画期的な改正が行われる一方で、沖縄県、小笠原諸島及び北方領土住民の選挙権・被選挙権を停止するとの付則をもうけてしまったのである。

 この第89帝国議会の時点では、沖縄県選出の衆議院議員が5名いた。その一人漢那憲和は、最後の衆議院本会議で、同僚議員に向かって次のように訴えた。

 「帝国議会における県民の代表を失うことは、その福利擁護の上からも、又帝国臣民としての誇りと感情の上からも、洵に言語に絶する痛恨事であります。此の度の戦争において六十万県民は出でて軍隊に召された者も、止まって郷土に耕す者も、各々その職域に応じて奉公の誠を尽くしました。沖縄作戦においては、男子は殆どが陣地の構築は勿論のこと、或いは義勇隊を編成し或いは徴収せられて戦列に加わり、郷土防衛に全く軍隊同様奮闘し、師範学校及び県立一中の生徒の如き全部玉砕しております。又婦女子も衛生隊、給食隊として挺身し、国民学校の児童たちまでも手榴弾を持って敵陣に斬り込んでおるのであります。・・・凡そ此の度の戦争において沖縄県の払いました犠牲は、その質において恐らく全国一ではありますまいか。此の県民の忠誠に対して、政府は県民の代表が帝国議会において失われんとするに当たりまして、あらゆる手段を尽くし、これを防ぎ止めねばならぬと存じます。」

 忠君愛国的な古風な言いまわしではあるが、無念の思いとともに沖縄県民の怒りをぶちまけた漢那議員の追及に対し、時の内務大臣堀切善次郎は、「連合軍司令部の方の同意が得られません。」と、冷淡に突き放しただけであった。

 かくして沖縄県の代表不在のもとで日本国憲法の制定が審議され、可決を見たのであるが、施行直後の1947年6月、沖縄県民は、マッカーサーが外国人記者に対して行った次の発言により、再び煮え湯を飲まされることになった。

 「沖縄諸島は、われわれの天然の国境である。米国が沖縄を保有することにつき日本人に反対があるとは思えない。なぜなら沖縄人は日本人ではなく、また日本は戦争を放棄したからである。沖縄に米国の空軍を置くことは日本にとって重大な意義があり、明らかに日本の安全に対する保障となろう。」

 余りに理不尽ではなかろうか。本土政府は第二の琉球処分をしたのだ。

 沖縄県民は、日本政府と米国に対し、基地の整理・縮小、普天間基地の辺野古移設撤回と県外移設を求めている。わが本土在住の国民は、今、このような理不尽な目にあわせた沖縄県民に対し、心からの贖罪として、このささやかな要求を支持し、その実現のために声をあげるべきである。                            (了)

 本記事は、竹前栄治『戦後占領史』(岩波書店・同時代ライブラリー)及び古関彰一『「平和国家」日本の再検討』(岩波現代文庫)に依拠した。
スポンサーサイト
プロフィール

深草 徹

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイア。
「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。