スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の大地の闇を解く試みに拍手

 北大・恵迪寮寮歌をご存知であろう。

「都ぞ弥生の雲むらさきに 花の香ただよううたげのむしろ 尽きせぬおごりに濃き紅やその春暮れてはうつろう色の 夢こそ ひととき 青き繁みに 燃えなん我が胸 おもいを載せて 星影さやかに光れる北を 人の世の 清き国ぞとあこがれぬ」

 なんとのびやかで、自由の気概にあふれた歌であろうか。北大は、ドイツの国家主義的教育の精神を移植した東大とは異なり、クラーク博士を招聘し、その指導のもと、アメリカの大学の自由主義・個人主義・フロンティア魂を建学の礎としている。それは、この歌にも表れているように思われる。

 1941年12月8日、その北大を震撼させる大事件が降って沸いた。

 北大予科(旧制高校過程)に、英語教師をしていた米国人ハロルド・レーンとその妻ポーリン・レーン、工学部3回生宮澤弘幸らが、軍機保護法違反等の容疑で、北海道警察部・特高に逮捕されたのである。

 「予て非常事態に備えて外諜容疑者名簿を整備し、綿密なる内偵を遂げつつありたるが、12月8日午前7時以降、司法及び憲兵当局と緊密な連絡の下に、左の如く全国的に一斉検挙を実施せり。」(内務省警保局外事課『外事警察状況』1941年)
 この一斉検挙で、全国で、特高が126人(うち外国人69人)、憲兵隊が52人(うち外国人40人)もの大量の身柄拘束をした。この中に、レーン夫妻と宮澤らもが含まれていたのだ。

 特高と憲兵隊は、緊密な連携をとって、日米開戦を想定し、英・米国人を中心とする外国人を、スパイとして大々的に検挙するために内偵を続け、開戦時にただちに大量検挙をする準備を進めていた。

 レーン夫妻は、自宅(北大構内の官舎)を、語学の研鑽や文化的交流の場として北大の学生らに開放していた。日常的に、レーン夫妻宅に北大の学生らが頻繁に出入りしていることをキャッチした特高は、レーン夫妻宅を見通せる構外の住居にアジトを確保し、早くから内偵を進め、記録をとっていた。軍国主義国日本の尖兵をもって任じ、学問・研究・文化・教育活動を敵視する特高は、なんとも云えない陰湿な網を、人びとのまわりに張り巡らし、人びとをこれに引っ掛けようと虎視眈々と狙っていた。その網にレーン夫妻と宮澤らは引っ掛けられたのであった。

 全面的に改正された軍機保護法は、1937年8月、帝国議会を通過し、公布され、同年10月施行となった。軍人や官吏だけではなく、一般国民をも対象に、「軍事上の秘密」の探知と漏えいを、死刑を含む重罰をもって処することとする軍機保護法は、準戦時ないし戦時下の帝国議会においても難産であった。政府と軍部は、帝国議会の審議において、「ごく一部の悪質なスパイ以外の善良な国民が対象となることはない」、「対象となる『軍事上の秘密』とは、統帥事項またこれと密接な関係のある事項に関する高度の秘密で、尋常一様の手段では探知収集できないものである」、「『探知罪』とは、『軍事上の秘密』であることを知って探知または収集した故意犯だけである」などと適正かつ慎重な運用がなすこと言明した。さらに衆議院において「本法において保護する軍事上の秘密とは不法の手段に非ざればこれを探知収集することを得ざる高度の秘密なるを以て政府は本法の適用に当たりては須らく軍事上の秘密なることを知りてこれを侵害する者のみに適用すべし」との付帯決議まで付された。

 しかるに通してしまえば、あとはこちらのものとばかりに、特高、憲兵隊、検察、裁判所は、専断的、恣意的に、運用をした。宮澤・レーン事件はその典型であった。英語教師と学生らの心触れあう交わりは、軍事秘密のスパイ活動としてデッチあげられ、特高の激しい拷問による自白と、形だけの裁判で、それぞれ以下のような重罰に処されてしまった。

 宮澤弘幸        懲役15年
 丸山 護         懲役 2年
 渡邊勝平        懲役 2年
 黒岩喜久雄       懲役 2年(執行猶予5年)
 ハロルド・レーン    懲役15年
 ポーリン・レーン    懲役12年

 この事件が、どんなにひどい冤罪であるかを訴え、真相を明らかにし、北大に対しても宮澤の名誉回復を求める運動を続けている「北大生・宮澤弘幸『スパイ冤罪事件』の真相を広める会」という団体がある。少し前だが9月5日に『引き裂かれた青春―戦争と国家秘密』(花伝社)を出版した。怒りと涙で、1日で読み終えてしまった。この本が100万部に達したとき、さしもの秘密保護法も、廃止の運命をたどることになるだろう。 (了)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。