明治維新という時代

ニワトリからアヒルの帝国軍隊(8)

 帝国軍隊が、海外で武力行使をし、外国に自己の要求をおしつけることを定着させ、専守防衛と国内の治安維持と四民平等と自由の担い手たりとする創業の銘を放擲するまでに、わずか4年しかかからなかった。
そこからさらにアジアの憲兵となるには、もうひとっ飛びである。その筋書きを描き、実践して行ったのは、帝国軍隊のドン、山縣有朋であった。

(進隣邦兵備略表)

 1880年11年、帝国軍隊参謀本部長(当時は海軍の軍令も統括した)・山縣は、『隣邦兵備略』を上奏した。その概要は以下のとおりであった。

 国際関係を、万国対峙、各国国境を画して軍備を強固しなければ独立を守ることはできないと認識、条約や国際法を、強者の名目、弱者の悲哀を訴える道具に過ぎないと断じる。
その上で、西欧列強や清国の軍備を過大に計上し、これと対峙するための軍備を早急に整備する必要性があることを訴えた。

(陸海軍拡張に関する財政上申)

 1882年8月、山縣は、「陸海軍拡張に関する財政上申」において、さらに切迫感を加えて軍備増強を訴えた。
西洋列強は遠いのでそれはおくとして、直接近傍の国(清国をさす。)の状況を見るとき、陸海軍を拡張し、大艦隊を擁し、四方に展開しなければ、わが国をあなどる直接近傍の国(同前)に乗ぜられてしまう。「坐シテ此極ニ至ラハ我帝国復タ誰ト倶ニ其独立ヲ維持シ、誰ト倶ニ其富強ヲ語ラン。」

(主権線・利益線)

 その後、山縣の上奏、上申に従い、わが国の軍備増強が図られたことは言うまでもない。
 やがて明治憲法が発布され、1890年11月29日施行となるが、その施行日に第1回帝国議会が開会される。このとき山縣は、内閣総理大臣に任ぜられおり、翌12月6日、施政方針演説で、以下のように演説した。

 「思うに国家独立自営の道は、一に主権線を守御し、二に利益線を防護するにあります。何をか主権線という、国境これです。何をか利益線という、わが主権線の安全とかたく関係しあう区域これであります。今日列国の間に立って、国家の独立を維持しようと欲するなら、ただ主権線を守るのみでは足れりとせず、必ずや利益線を防護しなくてはなりません。それゆえに陸海軍に巨大の金額をさかなくてはなりません。」

 主権の及ぶ範囲即ち国境の外にそのバッファゾーンとして利益線をとり、その防護のため軍備を増強しなければならないと山縣は言明した。
 利益線は、朝鮮に、台湾に、満州に、更に中国、アジア全体に広げられ、同時に、国境も広げられていく。その基いは、ここに据えられたのである。

(まとめ)

 ここまで読み進めて頂いた方には、もうおわかりであろう。帝国軍隊の創業の銘は、実は、憲法上の疑義を押し切って、1954年7月、戦後のわが国に創設された自衛隊の任務と同じである。それは専守防衛と公共の秩序の維持である。
 自衛隊は、以後、さまざまな任務を小出しに追加されてきた。しかし、2016年3月の安保法制の施行後も、この大枠を維持することを政府も明言しているではないか。即ち、自衛隊は、創設後63年も経た現在も、海外で武力行使をすることはできないのである。それは何故か。それは世論とそれに依拠した国民運動に裏打ちされた憲法9条1項、2項の規範力である。
 憲法9条をなくす、あるいはこれを改定して、1項、2項の規範力を弱めればどうなるか。それは帝国軍隊の足取りをみれば言わずもがなである。

               (第二話終わり)
スポンサーサイト

明治維新という時代

ニワトリからアヒルの帝国軍隊(7)

(江華島事件)

 わが国における征韓派の敗退直後の1873年12月、朝鮮では、大院君(テウォングン)が失脚、高宗(コジョン)が新政権(高宗の妃・閔妃の一族が実権を握ったので閔氏政権と呼ばれる。)を発足させ、庶政親裁を宣言した。新政権は大院君を全否定することを打ち出したので、日本への対応も見直し必至となった。とりわけ、翌1874年翌年5月、征台の役が始まると、余勢を駆って朝鮮にも攻め込むのではないかとの憶測が新政権を悩ませた。
 草梁の大日本公館(かつて対馬藩の管轄下にあった倭館を1872年9月に外務省が接収し、大日本公館としたことは前に述べた。)には外務省七等出仕(現在で言えば本省課長もしくは課長補佐クラスと思われる。)広津弘信が赴任していた。広津は、朝鮮新政権の動きを見逃さず、今が交渉を進めるチャンスとばかりに外務省に報告をあげた。その結果、上位者である外務省六等出仕森山茂とともに交渉を開始することとなった。

 しかし、朝鮮側の態度は相変わらずであった。

 広津は、森山の命を受けて、1875年4月、帰国し、外務卿寺島宗則に対し、新政権の動向を報じ、軍艦を朝鮮近海に派遣し、海路の測量などをして新政権にゆさぶりをかけつつ、交渉申し入れをするのがよいとの建言をした。
 政府は、その建言をいれたのであろう。翌5月末、軍艦雲揚(うんよう)が釜山入港、続いて軍艦第二丁卯(ていぼう)が入港した。両艦は、砲撃演習を行うなど、さかんにデモンストレーションを行った。

 9月20日、21日に、突如、王都漢城(ソウル)西方、漢江(ハンガン)河口に広がる江華島(カンファンド)において、大事件が発生する。

 『大日本外交文書』に掲載された雲揚艦長・井上良馨の同年10月8日付報告書によると、「9月20日、清国牛荘へむけて航海中、飲料水の欠乏を認めた。翌21日、飲料水を求めて、ボートを降ろして自らこれに乗り込みに乗りこみ、江華島に向かっている途中、同島に設置された砲台から突如砲撃を受けた。すぐに帰艦し、ただちに反撃のため砲撃を開始し、江華島砲台を破壊。尋問のため、永宗城島の要塞を占領した・・・」とされている。

 ところがこれはねつ造であった。

 実際には、秘匿された同年9月29日付同人作成の報告書があったのである。それによると「長崎から清国牛荘までの航路研究の命を受けた。20日、江華島塩河河口付近でボートを降ろして、測量、調査及び朝鮮官吏に対する尋問のため、自らこれに乗り込み、塩河を遡ったところ、同島に設置された砲台や営門から大小砲の攻撃を受けた。小銃で反撃しつつ、帰艦。人的損害なし。翌21日、雲揚にて塩河を遡り、攻撃を加える。第三砲台を砲撃して破壊、昼食後、第二砲台に陸戦隊を揚陸させ焼き払う。翌々22日、永宗島砲撃。陸戦隊を上陸させ、朝鮮側の35名余りを殺し、16名を捕虜とした。陸戦隊の負傷者は2名、うち1名は帰艦後死亡。捕虜は、捕獲した大砲36門、小銃等を運ばせた後解放。同夜は翌日午前2時に至るまで祝宴。さらに翌々々23日、運びきれなかった捕獲品を積み込み、帰還の途に。」

 測量、調査及び朝鮮官吏に対する尋問のため、ボートで塩河遡上したのが、発端であり、雲揚の反撃(攻撃)は、その場でなされたものではなく、翌日、翌々日である。しかも被害は、ほぼ一方的に朝鮮側に生じており、日本側は、戦利品まで捕獲し、祝宴さえ張っているではないか。世にこれを江華島事件という。

 これを無法な武力攻撃と言わずして何と言おうか。あの征韓論者西郷でさえ「なにぶんにも道を尽くさず、ただ弱きをあなどり強きを恐れそうろう心底より起こりそうろうもの」と評していることを想起せよ!

(日朝修好条規)

 江華島事件を、ねつ造した報告書に基づいて、朝鮮側の無法な武力攻撃とさかさまに描き上げた政府が、参議兼開拓使長官黒田清隆を特命全権弁理大臣とし、井上馨を副大臣として、6隻の軍艦(乗り組んだ兵員は総計およそ4000名)を率いて、朝鮮問責の談判に向かわせたのは、翌年1876年2月10日であった。そのとき山縣陸軍卿は、大軍を率いて、下関で待機させていたという。

 そのわずか2週間余り後の同月27日、日朝修好条規が調印された。それには、朝鮮を自主の邦として清国から切り離し、関税はゼロ、日本通貨の流通、開港場から4キロメートルの内地通行権、朝鮮沿岸の測量権を認める、治外法権など、一方的な不平等条約であった。

 帝国軍隊は、かくして海外で策動し、武力攻撃を行い、外国に自己の要求をおしつけるための軍隊となったのである。

 「ニワトリからアヒルになった帝国軍隊」のまとめが残ってしまった。次回にこれを終えて、次のテーマ「大西郷は永続革命をめざしたのか?」に進みたい。

                        (続く)
プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR