安倍提案と公明党

 安倍首相が、5月3日憲法記念日に、右翼系の「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(日本会議主導とされている)主催・「第19回公開憲法フォーラム」へ寄せたビデオ・メッセージのうち、憲法9条に関する部分を抜粋すると以下のとおりである。

 「例えば憲法9条です。今日、災害救助を含め命懸けで、24時間365日、領土、領海、領空、日本人の命を守り抜く、その任務を果たしている自衛隊の姿に対して、国民の信頼は9割を超えています。しかし、多くの憲法学者や政党の中には、自衛隊を違憲とする議論が今なお存在しています。「自衛隊は、違憲かもしれないけれども、何かあれば、命を張って守ってくれ」というのは、あまりにも無責任です。
 私は、少なくとも私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと位置付け、「自衛隊が違憲かもしれない」などの議論が生まれる余地をなくすべきであると考えます。
 もちろん、9条の平和主義の理念については、未来に向けて、しっかりと堅持していかなければなりません。そこで「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という考え方、これは国民的な議論に値するのだろうと思います。」

 この唐突な提案以来、事態は激しく動いている。その一端は、当ブログでも報じたところである。6月24日には、秋の臨時国会において、衆参憲法審査会に、自民党原案を提起するとの安倍発言も飛び出した。動きは加速しており、振り落とされないように、主権者としての意見表明を続けたい。

 安倍提案は、公明党取り込みを想定したものであると言われている。たとえば『サンデー毎日』6月4日号は、次のように報じている。

 「だが、こうした中、私はもっと驚いたことがあった。
 安倍首相が具体的に触れた『9条改正案』だが、これと中身がほぼソックリの『改正案』を以前に聞いたことがあったからだ。それが、以下に紹介する私のメモだ。

【取材メモ・公明党幹部・サシ 2015年1月】

 〈公明党の憲法改正案で言えば、問題の9条については1項、2項はそのまま。そして3項に『自衛隊』を明記し『自衛のための交戦権と自衛隊は認める』ものとする。4項には自衛隊の新しい平和的な役割として国際貢献も書き込む。これが加憲による9条。ウチとしては、これ以上でもこれ以下でもない。あとは自民党がどう判断するかだ〉

 これは2年4カ月前、私が公明党幹部を取材した際のものだ。」


 そこで、その公明党、現在、公式にはどのように考えているのか確認してみよう。公明党のホームページによると、憲法への取り組みの項の中で、次のように書かれている。

 「憲法第9条については、戦争放棄を定めた第1項、戦力の不保持等を定めた第2項を堅持した上で、自衛のための必要最小限度の実力組織としての自衛隊の存在の明記や、国際貢献の在り方について、『加憲』の論議の対象として慎重に検討していきます。」

 確かに、安倍提案は、的を捉えているようである。

 しかし、公明党は「『加憲の論議の対象として慎重に検討していきます。』と述べている。どの程度の慎重さが期待できるのだろうか。

 この点について、公明党は、9条3項加憲案に関し、2004年6月に発表した同党憲法調査会編「論点整理」の中で次のように述べている。

 「戦後の日本の平和と繁栄を築くうえで、憲法9条の果たしてきた役割はきわめて大きいものがある。9条についてはさまざまな活発な議論を行ってきたが、現行規定を堅持すべきだとの党のこれまでの姿勢を覆す議論にはいたっていない。
 そのうえで、議論の所在を述べれば以下のようなものがある。
 専守防衛、個別的自衛権の行使主体としての自衛隊の存在を認める記述を置くべきではないか、との意見がある。第1項の戦争放棄、第2項の戦力不保持は、上記の目的をも否定したものではないとの観点からである。」

 もっともこれに対しては「(党内で)すでに実態として合憲の自衛隊は定着しており、違憲とみる向きは少数派であるゆえ、あえて書き込む必要はないとの考え」もあったと付記されている。

 どうも慎重さの度合いはそれほど厳しいものではないようだ。だが慎重意見は正論ではある。

 9条1項、2項をそのままにして、3項にするか、9条の2という1箇条を起こすか、いずれであっても自衛隊の存在を書きこむことは、1項、2項の変質を来す、もっといえば憲法毀損につながることは明白、恒久平和主義に泥を塗る、の類だ。公明党もそれに加担するには、なおハードルが高いだろう。

                               (了)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR