漱石生誕150年 『坊っちゃん』の読み方一例(下)

 『坊っちゃん』の重要な登場人物に、山縣有朋が擬せられているらしいことがわかると、この小説は、よそ行きの顔の下から地の顔を見せてくるようである。
 よそ行きの顔とは、痛快な悪童物語、悪漢と正義漢をそれぞれコミカルに描写しつつ、正義漢が悪漢をこらしめる勧善懲悪の滑稽譚である。地の顔とは、当時の政治、政界を批判する風刺小説である。

 『坊っちゃん』が書かれた1906年3月当時といえば、万歳の声に沸き立った日露戦争も、終わってみると、多大な犠牲の上に成し遂げられた「薄氷の上の勝利」に過ぎないことがわかり、膨大な戦費調達のツケが国民生活を直撃している状況で、国民の失望、落胆、政府への批判の声は、朝野を覆っていた。

 当時の政界の上層部はどうなっていたか。

 既に二度にわたって首相を務め、帝国陸軍に不抜の政治基盤を築いていた山縣は、元老の一人として、伊藤博文さえもしのぐ実力を持ち、政界を支配していた。桂太郎は、山縣の一の子分、その温厚な人柄と巧みな政界遊泳術から、当時の新聞記者にニコポン(ニコッと笑って、肩をポンとたたく)宰相と揶揄される程で、山縣のタイコ持ち(幇間)と評されていた。その桂に協力し、日露戦争の難局を乗り切るのに貢献したのが西園寺公望であった。西園寺は、1906年1月に、山縣の仕切りの下で、桂から政権を引き継ぐ。西園寺は、フランスに留学した経験のあるハイカラ貴族である。
 以後、1913年1月まで、山縣の仕切る水面下での談合により、桂、西園寺による政権たらい回しの時代が続く。世に言う桂園時代である。

 漱石は、日露戦争中に、『吾輩は猫である』を書き始め、作家デビューを果たしたが、その中で、赫々たる戦果に沸き立ち、強国への道をひた走る当時の日本の民衆や指導者に対する強い違和感を、苦沙弥のセリフを通じて表現している。『坊っちゃん』の二年後に書かれる『三四郎』では、広田先生の口を通じて、これからの日本は「亡びるね」と言わせている。晩年の作『こころ』になるとずっと内面的で文明批判的になるが、エスタブリッシュメントへの批判精神は旺盛かつ健在である。

 1906年3月の漱石は、政治と政界の腐敗、堕落、それに敢然と立ち向かうことができない国民のありように、苛立ち、憤慨し、これを書かずにはおれない心境にあったであろうことは容易に推測できる。

 当時の出版法を見ると、表現の自由は、厳しく制限されていた。同法19条には次のように定められている。

 「安寧秩序ヲ妨害シ又ハ風俗ヲ壊乱スルモノト認ムル文書図画ヲ出版シタルトキハ内務大臣ニ於テ其ノ発売頒布ヲ禁シ其ノ刻版及印本ヲ差押フルコトヲ得」
 
 しかし、漱石ともあろうものが、こんなものにひっかけられるようなストレートな書き方をする筈はない。そこでわかる人にしかわからない記号と、記号解読のキーを散りばめつつ、よそ行きの顔の下に地の顔を埋め込むようにして書いたのが『坊っちゃん』であった。それは、今日までの『坊っちゃん』論を読むと大成功であったと言ってよい。

 さて、こうして地の顔をのぞいてみると、人物と人物との関係、描写される人物の特徴、言動、1906年3月当時の政治状況などから、校長の狸は山縣、野だは桂、赤シャツは西園寺と、次々と解き明かすことができる。

 こういう視点で、『坊っちゃん』を読みなおす。この熱い夏、これまた一興ではないだろうか。
                            (了)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR