スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「菊と刀」のバーター―日本国憲法第9条を考える―その3

軍事関連条項の取り扱いをめぐって(1)

 よく知られていることであるが、1946年2月8日、松本蒸治国務大臣は、「憲法改正要綱」をGHQに提出した。そのうち本稿に関連する部分の骨子を摘記すると以下のとおりである。

・ 第3条に「天皇は神聖にして侵すべからず」とあるを「天皇は至尊にして侵すべからず」と改める。
・ 第8条所定の緊急勅令を発するには帝国議会常置委員会の諮詢を経ることを要するものとする。
・ 第11条中に「陸海軍」とあるを「軍」と改め、かつ第12条の規定を改め、軍の編成及び常備兵額は法律をもって定めるものとする。
・ 第13条中の宣戦講和は帝国議会の協賛を要すると改める
・  第20条中の「兵役の義務」は「公益の為必要な役務に服する義務」と改める
・ 非常大権に関する第31条の規定を削除する。

(以下略)

 「憲法改正要綱」は、政府内に設置され憲法問題調査委員会の成案ではあるが、閣議決定を経たものではない。しかし、同委員会の委員長を務める松本大臣が、閣議での議論の経過をふまえ、GHQからの督促に応じて出されたもので、中途半端な政府案だったといってよいだろう。

 この中で、軍事関連条項が置かれることになっていることに注目されたい。軍を持つことが想定されているのである。軍の統帥規定を残す、軍の編成及び常備兵額を法律事項とする、宣戦講和条項、戒厳条項もそのまま残す、兵役の義務は公益のため必要な役務として残す、等々。

 これには「憲法中陸海軍に関する規定の変更について」と題する説明書が添付されていた。強気の松本大臣も、さすがに詳細な説明が必要だと考えたのであろう。この説明書は、前回触れたポツダム宣言と9条との「少しの距離」をそのまま認め、憲法に盛り込もうとした当時の政府の主流派の立ち位置を示すものといってよい。
 しかし、これは、私の立場からすれば、その「少しの距離」がどう詰められていったのかを考える第一歩として、貴重な資料である。少し長いが全文引用してみることとする(カタカナはひらがなにし、句読点をふるなどして読みやすくした)。

一、改正案は憲法中「陸海軍」とあるを「軍」(the armed forces)と改めんとす。蓋し、日本国が聯合軍の占領終了後において軍を再置することを聯合国より認めらるる時期到達するとするも、おそらくは極めて小仕掛なる内地の平和秩序の保持の為必要なる範囲の軍備を許さるるに過ぎざるべく、又日本国としても従来の如き陸海軍を設くる考を抱くべからざるは当然なるが故に、陸海軍なる語を廃し単に軍ということとせんとす。

二、従来の憲法上は、軍の統帥は国務にあらざるものとし軍は天皇に直隷し内閣の支配下に属せざるものとせり。これ過去において恐るべき過誤と災禍とを生じたる所以なり。よって改正案においては軍の統帥は内閣及国務大臣の輔弼を以てのみ行はるるものとせんとす。而して、他方において改正案は、内閣は帝国議会に対して其の責任を負い衆議院の不信任決議あるときは国務大臣は其の職に留るを得ざることとするをもって、将来においては日本国民の意思に反して軍の統帥が行はるるが如き虞なきこととなるべきなり。

三、従来の憲法上は軍の編制及常備兵額は天皇の大権によりて定めらるるものとせるも、改正案においては法律をもって之を定むべきものとせんとす。即ち帝国議会の協賛なくしては一兵を増すことも又一聯隊を設くることも許されざることとなるべし。

四、右の如き改正をこの際行いおくことは将来軍の再置が認めらるるに至りたる場合に於ける規準を予め明示し将来において従来の如き陸海軍が再び設けらるることあるべしとする一派の固陋なる人々の夢想を阻止するにおいて適切なるべしと思料す。若し軍備全廃の今日の実状に則し軍に関する憲法上の規定を全廃するものとせば却て上述の如き夢想を抱く者を隠々裡に発生せしむるの虞あるのみならず国防軍の再置を許されたる場合において更に憲法の改正を行い、之に関する規定を設くるの煩雑を生じ、かつ其の場合に種々の議論を惹起すの不利あることを免れざるべし。尚、日本国が他日国際聯合に加入を許さるることありとすれば其規約に従い義務を履行する為にも軍を再置する必要あり得べきことも考慮することを要すべし。


                                  (続く)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。