「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定」を読み解く (補遺)

「集団的自衛権閣議決定を読み解く (3)を以下のとおり補充する。

批判文の(4)を、(5)とし、(4)として、次の文章を挿入する。

(4)さらに「武力行使3要件」には、「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃」という表現を用いるが、シーレーンの機雷封鎖もこれに含まれ、「国際的な機雷掃海活動」にも自衛隊が出動することは明言されている。この「国際的な機雷掃海活動」は、国連安保理とは無関係に米国中心の多国籍軍によってなされる場合だけではなく、国連安保理決議に基づく集団安全保障措置としてなされる場合も含むことは安倍首相も度々言及しているところである。
 もともとの議論の経過からすると、集団的自衛権の行使はともかく、国連の集団安全保障措置には参加するべきだという見解が有力であった。特定国を支援する集団的自衛権よりは国連の集団安全保障措置の方が重要であり、国際貢献として必要であるという考え方である。国民にもこの方がとおりがよいだろう。

 筆者は、最近首相補佐官の礒崎陽輔氏とツィッターで次のような交信をした。

深草 湾岸戦争以後の議論で、集団的自衛権はともかく集団安全保障措置への参加は認めるべきだという意見が有力だったように思います。しかるに今般の閣議決定は、集団的安全保障措置はともかく集団的自衛権は認めるという線を打ち出しています。貴職はどう整理されますか。

礒崎 これは完全に個人の意見ですが、集団安全保障における武力の行使は、平和国家である我が国が前線で戦闘行為を行う途を開くものであり、十分慎重に検討すべきことであると考えます。

深草 ありがとうございます。勿論、貴職個人のご意見をうかがっています。「十分慎重に検討」というのは、官庁用語では、前向きに検討するという意味だと思いますが、そう理解していいですか。

礒崎 安倍総理は、我が国が湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことを完全に否定しています。

深草 かさねておうかがいします。集団的安全保障措置への参加は、前線で戦闘行為を行う途を開くので否定するということですね。それなら集団的自衛権行使も前線で戦闘を行う途を開くので否定するということでなければ一貫性がないのではありませんか。

 残念ながら最後の質問に対する回答はなかった。おそらく痛いところをつかれたのであろう。そう思っていたところ、まさに図星であった。7月6日(日)の朝日新聞は、「(検証)集団的自衛権:4「集団安保」潜ませた外務官僚」なる記事を載せた。一部抜粋してみよう。
 
 国家安全保障担当の首相補佐官を務める礒崎陽輔は、外務官僚らの野心に警戒感を持っていた。
 昨秋ごろからひそかに行われてきた政府内部の検討会で、湾岸戦争のような集団安保の容認を求めてくる外務省幹部らを「憲法の論理として無理」と押し返した。首相の安倍晋三にも「集団安保まで認めるのは相当難しい」と訴えた。
 安倍は4月、「礒崎さんの考えでいい」と裁定。5月15日の記者会見で「湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加することは、これからも決してない」と宣言した。礒崎は胸をなで下ろした。
 ところが、外務官僚らはあきらめない。「集団安保ができる理論を考えなければ」と巻き返しを図る。
 6月9日の参院決算委員会。共産党議員の質問に対し、安倍は「機雷の除去は基本的に『受動的かつ限定的』な行為で、会見で申し上げた戦闘行為とは性格を異にする」と答弁した。5月の記者会見から明らかに軌道修正し、集団安保への参加に含みをもたせた。佐藤は「あれがなければまずかった。共産党の質問のおかげだ」とつぶやいた。
 次の手も打たれた。
 6月13日の与党協議で配られた「高村試案」は、従来の「自衛権発動の3要件」が、「武力行使の3要件」という位置づけに変わっていた。礒崎は外務官僚らの執念を感じた。
 そして、6月16日。自民側と政府側の会議は集団安保をめぐる決戦の場となった。
 佐藤が口を開く。
 「『武力行使』の3要件となっているのは集団安保も読めるようにするためですか。そうでなければ、機雷除去はできませんよね」
 礒崎は即座に反論した。
 「首相にも公明側にも『自衛権』の3要件と説明した。いまさら変えられない」
 自民党副総裁の高村正彦は両氏の言い分にじっと耳を傾けていた。最終的には、佐藤に軍配を上げた。
(抜粋終わり)

要するに、「武力行使3要件」は国連の集団安全保障措置としての武力行使にも参加することを含んでいるのである。イラクやアフガニスタンのような戦闘には参加しないとの安倍首相の弁はそれを隠すイチジクの葉に過ぎない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR