スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・集団的自衛権を疑う

 6月10日、当ブログに、「集団的自衛権を疑う」と題する小論を載せた。

 そこでも冒頭述べたところであるが、集団的自衛権なるものは、国連憲章51条により、はじめて歴史の舞台に立ち現われた法的概念であるが、国際法学上も未だ法的確信に支えられた説得力のある主張がなされるには至っていないように思われる。

 わが国政府は、従来から、集団的自衛権とは、「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利」であって、国際法上の権利として認められているが、憲法9条の下では、わが国に対する武力攻撃を排除するために行使する実力との自衛権の要件(①わが国に対する武力攻撃の発生、②これを排除するための方法がほかにない、③侵害を排除するための必要最小限度の実力の行使なる「自衛権行使3要件」の①の要件)に反し、認められないと解されてきた。

  今回の集団的自衛権閣議決定は、これを根本的に覆す解釈改憲であり、立憲主義に背馳し、無効であることは多くの識者が指摘するとおりで、私も「集団的自衛権行使を容認する閣議決定」なる論文を書いたところである。
 http://t.co/yxnv5IdgXW

  ところで、私は、上記小論「集団的自衛権を疑う」で、従来の集団的自衛権に関する定義に根本的な疑問を提起しておいた。

 そもそも自衛権とは、古くから国際法上唱えられており、戦争違法化の流れが定着した第一次大戦後において、自衛権に基づく戦争は国際法上も認められるとして、おおむね上記「自衛権行使3要件」と同様な定義がなされるに至り、国際慣習法上の権利として認められるようになっていたのに対し、集団的自衛権なるものは、国連憲章51条に次のように規定されただけのことである。

  「この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持又は回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基づく権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。」

 確かに、暫定的にではあるが、「個別的又は集団的自衛の固有の権利」とかかれており、集団的自衛権を加盟国の固有の権利として認めているようでもある。しかし、私は、国連憲章制定過程に、国際法上、これまで主張されたこともない「集団的自衛の固有の権利」を国連憲章に書き込むのであれば、その意義、目的、根拠、定義、要件について十分な議論と整理がなされ、憲章の本文に明記されなければならないのに、それは一切なされていないことから、別の解釈をするべきではないか、これが私の上記小論で提起した疑問である。

 私は、そのような疑問に基づき、国連憲章51条は、従来の自衛権概念を何ら変更していないと解するべきで、従来どおりの自衛権を認めたに過ぎず、それを集団的に行使すること、具体的には、各加盟国に対する武力攻撃がそれぞれになされたために共に戦う、或いは各加盟国の国家連合として構成国に対する武力攻撃と戦うというようなレア・ケースを想定していると解するべきではなかろうかとの見解を示しておいた。

 今回、私は、もう一つの考え方を示したい。国際法上は、従来から認められている自衛権しか存在しない。しかし、そのような自衛権を行使しえる軍備を保有しない国も当然あるだろう。そのような国は、本来は、自ら加盟する国連に侵略を排除してもらうことを期待するのであるが、国連の現状では、国連はその負託に必ずしも応えられない。そこで、そのような国に、一定の関係国との条約に基づき、自国に対する侵略を排除してもらうことを認めるという趣旨で、「集団的自衛の固有の権利」を書かれたのではないか。つまり、非武装もしくは軽武装の国が、他国に守ってもらう権利、それが集団的自衛権ではないのか。侵略排除のために条約に基づいて武力行使をする国は、集団的自衛権の反射的利益で受動的に違法性を阻却されると考えることになる。

 このように解釈することは、より国連の重要性を高め、やがて諸加盟国の個別の自衛権行使も不必要とし、国連による本来の集団安全保障措置の確立を招き寄せることになるように思われ、国連設立の目的にも沿うものであると考えるがいかがなものであろうか。
 世界の恒久平和のための学問、国際法学の研究者の検討をお願いしたいものである。
 
                                             (了)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイア。
「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう。」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。