「あいまいな三角形」は米国の対アジア政策の要

 1月3日付朝日新聞朝刊に、米誌タイムが、2004年に、「世界で最も影響力のある100人」に選んだというニーアル・ファーガソン(ハーバード大学教授)の『西洋からの警鐘』なるインタビュー記事が載っている。彼は、経済・金融史から文明論まで扱うタフな歴史学者だから、さぞかし知的刺激に富んだことを述べているだろうと思って読み進めたが、平凡な内容でガッカリした。

 まず、彼のアベノミクス評価は、全く深みがない。彼によると、アベノミクスは、金融政策、財政政策、経済構造の三つの改革で構成され、金融政策の一番目の矢はクリアに標的にあたった、三番目の矢がうまく放たれたかどうか、その証を待っているところだそうである。しかし、アベノミクスについては、既に、当ブログで、昨年11月23日、12月6日、同月10日、同月12日に、批判したとおり、その破綻は明白であり、「雨乞いも雨が降るまで続ければ雨を降らすことができる」(服部茂幸『アベノミクスの終焉』岩波新書)という類のインチキ、ペテンに過ぎない。今頃、異次元の金融緩和や財政出動による公共事業投資を持ち上げ、あるいはまた新自由主義構造改革に期待するようでは、思考と分析の底の浅さは覆いようがないように思われる。

 次に彼は、次の10年では米国が復活すると断言し、以下のように述べている。
 
 「米国は『衰退する西洋』の一部ではなくなる。シェールガスをはじめ資源は十分にあるし、今後も世界中から才能のある人たちが集まってくる。新しい大統領のもと、再び自信をつけ、テクノロジーでもエネルギーでも軍事面でも中国を上回り続けるでしょう。」

 原油価格の低迷で、シェールガス開発に暗雲が垂れ込めていることは目を瞑ることにしよう。米国が、2008年のリーマンショックで露呈したように、バブル経済とその破綻の弥縫策としての金融緩和や財政出動により、ますます財政危機を深化させ、1パーセントの富める者と99パーセントの貧困に収斂しつつ、衰退の道をたどっていくことはもはや避けようがなくなっている。米国は、ものづくり、技術立国の実体をともなわない金融経済に依拠し、バブルによってはじめて生きる糧を得ている国になっているのだ。私には、「才能のある人たち」も「新しい大統領」も、手のつけようがないように思われる。

 彼のインタビュー記事を読んで唯一参考になったのは以下の部分である。多少長くなるが引用しておこう。

 「いま、(ニクソン時代の大統領補佐官だった)ヘンリー・キッシンジャー氏の伝記を書いています。彼は最近の著書の中で、米国の戦略の中心的課題は、日中両国とどうやって同時に良好な関係を持てるかだ、と書いています。これは鋭い問いです」

 「彼は19世紀後半にドイツ帝国宰相のビスマルクが、同盟国のオーストリアと利害が反するロシア帝国とも秘密裏に再保障条約を結んだのを例に、その『あいまいさ』がパワーゲームの中で機能した、というのです。いまは日米中で『あいまいな三角形』をつくり、ワシントンの本当のお気に入りをはっきりさせないことが、東アジアの秩序を保つための解なのかもしれません。新たな冷戦構造をつくらないということです」

 「あいまいな三角形」とはいい得て妙である。鉄血宰相ビスマルクの知恵は、キッシンジャーに継承され、現在の、米国の対アジア政策を支える基礎となっている。米国は、アジアの大国である日本と中国の一方に系統的に肩入れをするのではなく、両国と等距離を保ちつつ、適当に競わせる。両国の関係がヒートアップし過ぎないように塩梅をきかせつつ、適度に対立させる。これは一種のオフショアー・バランシング政策であり、過去、世界の覇権国家が伝統的にとってきたパワーポリティックスの現代版である。

 私たちは、尖閣諸島をめぐる対中国の紛争に幻惑されすぎているようだ。安倍首相は、昨年4月の日米首脳会談において、オバマ大統領に、尖閣諸島は、安保条約5条の適用対象地域であることを認めさせたといって胸をはった。さらに日本が、集団的自衛権行使をして米国を守ることを示し、自衛隊員が米国のために血を流す覚悟を示さなければ、尖閣紛争において日中激突した場合に、米軍の支援を得られないのだと安倍首相は強調した。

 しかし、そんなことは全く現実離れをしたたわごとに過ぎないのである。米国は、日中の激突を何がなんでも防止しようとし、どうしてもいうことを聞かない政権であればその首をすげかえようとするだろう。万一、偶発的に日中が交戦することになっても決してわが国を支援することはなく、「あいまいな三角形」を維持し続けるだろう。そのことをニーアル・ファーガソンが解き明かしてくれている。(了)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR