スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治維新という時代

ニワトリからアヒルの帝国軍隊(8)

 帝国軍隊が、海外で武力行使をし、外国に自己の要求をおしつけることを定着させ、専守防衛と国内の治安維持と四民平等と自由の担い手たりとする創業の銘を放擲するまでに、わずか4年しかかからなかった。
そこからさらにアジアの憲兵となるには、もうひとっ飛びである。その筋書きを描き、実践して行ったのは、帝国軍隊のドン、山縣有朋であった。

(進隣邦兵備略表)

 1880年11年、帝国軍隊参謀本部長(当時は海軍の軍令も統括した)・山縣は、『隣邦兵備略』を上奏した。その概要は以下のとおりであった。

 国際関係を、万国対峙、各国国境を画して軍備を強固しなければ独立を守ることはできないと認識、条約や国際法を、強者の名目、弱者の悲哀を訴える道具に過ぎないと断じる。
その上で、西欧列強や清国の軍備を過大に計上し、これと対峙するための軍備を早急に整備する必要性があることを訴えた。

(陸海軍拡張に関する財政上申)

 1882年8月、山縣は、「陸海軍拡張に関する財政上申」において、さらに切迫感を加えて軍備増強を訴えた。
西洋列強は遠いのでそれはおくとして、直接近傍の国(清国をさす。)の状況を見るとき、陸海軍を拡張し、大艦隊を擁し、四方に展開しなければ、わが国をあなどる直接近傍の国(同前)に乗ぜられてしまう。「坐シテ此極ニ至ラハ我帝国復タ誰ト倶ニ其独立ヲ維持シ、誰ト倶ニ其富強ヲ語ラン。」

(主権線・利益線)

 その後、山縣の上奏、上申に従い、わが国の軍備増強が図られたことは言うまでもない。
 やがて明治憲法が発布され、1890年11月29日施行となるが、その施行日に第1回帝国議会が開会される。このとき山縣は、内閣総理大臣に任ぜられおり、翌12月6日、施政方針演説で、以下のように演説した。

 「思うに国家独立自営の道は、一に主権線を守御し、二に利益線を防護するにあります。何をか主権線という、国境これです。何をか利益線という、わが主権線の安全とかたく関係しあう区域これであります。今日列国の間に立って、国家の独立を維持しようと欲するなら、ただ主権線を守るのみでは足れりとせず、必ずや利益線を防護しなくてはなりません。それゆえに陸海軍に巨大の金額をさかなくてはなりません。」

 主権の及ぶ範囲即ち国境の外にそのバッファゾーンとして利益線をとり、その防護のため軍備を増強しなければならないと山縣は言明した。
 利益線は、朝鮮に、台湾に、満州に、更に中国、アジア全体に広げられ、同時に、国境も広げられていく。その基いは、ここに据えられたのである。

(まとめ)

 ここまで読み進めて頂いた方には、もうおわかりであろう。帝国軍隊の創業の銘は、実は、憲法上の疑義を押し切って、1954年7月、戦後のわが国に創設された自衛隊の任務と同じである。それは専守防衛と公共の秩序の維持である。
 自衛隊は、以後、さまざまな任務を小出しに追加されてきた。しかし、2016年3月の安保法制の施行後も、この大枠を維持することを政府も明言しているではないか。即ち、自衛隊は、創設後63年も経た現在も、海外で武力行使をすることはできないのである。それは何故か。それは世論とそれに依拠した国民運動に裏打ちされた憲法9条1項、2項の規範力である。
 憲法9条をなくす、あるいはこれを改定して、1項、2項の規範力を弱めればどうなるか。それは帝国軍隊の足取りをみれば言わずもがなである。

               (第二話終わり)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ムースクナビコナ菩薩国日本国憲法は宇宙の真理仏法なり

「日本人なら空気を読むな漢字を読め」
latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-769.html

空気は生きていくために呼吸するものであり読むものではない。
第一空気とか雰囲気とか親からもらった眼で生まれてから死ぬまで見えないものである。
生物たるもの目に見えないものを読めるわけがない。
これが宇宙の真理である。
空気を読めとか、生物失格の愚か者の妄想である。

霊長類として読まねばならぬものは文字である。
言葉を文字にして他人に伝える、これが人間である。
文字が読めない者は人間失格社会人失格である。
文字が読めてはじめて人間たり得社会人たり得るのである。
これは人間の真理である。

すべて生物の言葉は親の真似をして使い方を覚える。
親のことばを盗用して使うのである。
これが生物の真理である。
著作権や特許権や所有権など、人間以前にそもそも生物失格の愚か者の妄想に過ぎない。

人間だけが文字を使う。
人間社会には地域によって種々の文字言語が存在するが、特に日本語は地球でもっとも優れた言語であり、最も修得が難しい宇宙で唯一の融通無碍言語である。
日本人の親から生まれた日本人は皆親の真似をして三つ子(満1歳半)で全員が世界一難しく優れた日本語を使いこなすのである。
日本人なら両親と両親をこの世に生み育ててくれたご先祖様に感謝してご先祖様のご恩を死ぬまで忘れることがない。
これが「三つ子の魂百まで」の親孝行と他人に親切である。

漢字が読めない者は日本人失格である。

数え16歳満14歳で元服成人した人間という地球霊長類の中でも、日本人中学校卒業者は一人残らず日本語の漢字が読み書きできるのであり、満15歳以上でそれができない者はそもそも日本人の大人すなわち日本国憲法主権者国民失格である。

そして日本人のご先祖様おとなたちはみな文武両道の武士道と宇宙の真理仏法僧三宝に帰依したムースクナビコナ三宝帰依仏心武士道菩薩であるのだ。

南無父母無二仏 合掌 www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/bbs.html

武士道即仏道父母恩重経、

日本国憲法は地球憲法、

これが宇宙の真理であるよ(笑)

地上げ屋サンが止めてくれないからなんぼでもコメ積んじゃった(笑)
プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。