スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治維新という時代

大西郷は永続革命をめざしたのか?(5)

留守政府の栄光と混迷

(急進的改革の加速)

 留守政府は、使節団が出発するや、満を持してというか、鬼のいぬ間の洗濯とばかりにというか、それまで以上に急進的改革を加速し、次々と実施して行った。試みに、これらを年表にして書き出してみると、以下の如し、である。

 72年1月27日  華士族・卒の職業自由許可
注:卒とは最下級の武士の身分

 同年3月8日    卒身分の廃止
 同23日       土地永代売買解禁
注:土地永代売買の解禁は、自由な土地所有権を認めるものである。

 同年9月4日    学制公布
注:全国を8大学区にわけ、それぞれに大学校を1校もうける、各大学区を32の中学区に区分し、それぞれに中学校1校をもうける、中学区を210の小学区に区分し、それぞれに小学校1校をもうける、小学校は修業年限4年の義務制とするなど

 同年10月2日   家抱(けほう)・水呑百姓解放、農民の職業許可
注:家抱も水呑百姓も本百姓に隷属する農民
 同年11月2日   人身売買禁止・芸娼妓解放・強制的年季奉公の禁止
 同年12月28日  徴兵の詔と太政官告諭
注:世襲坐食の武士にかわって国民皆兵制とすることにより、四民平等と自由を実現できると説く

 73年1月1日    太陽暦実施(旧暦12月3日を新年の1月1日とする)
 同10日        徴兵令公布
 同年7月28日    地租改正条例公布
注:田畑のみの貢納制を廃止し、全ての土地の価格に所定割合を乗じた額の地租を納める制度。これにより封建的土地所収制度は解体され、近代的土地所有制度の確立が始まった。
 
 これらの中で、徴兵制、地租改正、学制は、明治の三大改革と言われるものでるが、これらが全て留守政府の手で行われていることに注目したい。さらに、留守政府は、士族の完全消滅をもたらすことになる秩禄処分にも大きく歩み出していることが、前出の大久保宛て西郷の1872年3月23日付書簡によって確認できる。
 
(躍動する江藤新平)

 江藤は、旧肥前藩出身、後に1874年2月、佐賀の乱の旗頭に祭り上げられ、敗北後、現地に入り陣頭指揮をとった大久保の命により、斬首の上、梟首(きょうしゅ)という残酷な処罰を受けている。
 
 江藤は、留守政府にあって、当初は、太政官の立法機関と位置付けられた左院の副議長として左院を行政権から独立性を高めるべくため努力した(たとえば左院事務章程に「オヨソ一般ニ布告スル諸法律制度ハ本院コレヲ議スルヲ通則トス」と定めて、立法の専管機関であることを明らかにした。)。
 ついで江藤は、1872年5月、司法卿に転じたが、ここでいかんなくその能力を発揮する。司法省は前年8月に設置されていたが、刑事裁判事務を所管するものの民事裁判事務は大蔵省監督下の地方官が処理するなど、全般に影の薄い存在であった。江藤は、これにメスを入れ、裁判所を整備し、刑事裁判事務を行うだけではなく、地方行政を司る地方官が行っていた民事裁判事務を裁判所に引き取らせ、行政権から独立した司法権の確立を図ろうとした。
 それを明文化したのが、同年9月制定の、全文22章108条からなる「司法職務定制」である。これを見ると、裁判事務を、司法省管轄下の裁判所に移すだけではなく、裁判所を構成する裁判官が、かつての封建的意識に毒された地方官から移行した者が多かったために、その権限濫用と違法・不当な裁判を防止し、人民の権利を擁護するための手段、手続きも盛り込まれているのが注目される。
 さらに江藤はその歩みを前に進める。上記「司法省事務章程」に基づいて、民事裁判事務を裁判所に回収する取り組みに対して、大蔵省及びその配下の地方官らが抵抗を続ける。彼らの横暴が次第に明らかになる。その過程において同年12月、「司法省達46号」が発出された。以下に抜粋する如く、「司法省事務章程」の趣旨を一層明確にかつ具体化したものと言える。

・ 地方官及ヒ其戸長(注1)等ニテ太政官ノ御布告及ヒ諸省ノ布達ニモトリ規則ヲ立テ或ハ処置ヲ為ス時ハ、各人民(華士族卒平民ヲ併セ称ス)ヨリ、其地方裁判所ヘ訴訟シ又ハ司法省裁判所(注2)ヘ訴訟苦シカラサル事
・ 地方官及ヒ其戸長等ニテ各人民ヨリ願伺届等ニ付キ、之ヲ壅閉(注3)スル時ハ各人民ヨリ、其地方裁判所エ訴訟シ亦ハ司法省裁判所ヘ訴訟苦シカラサル事
・ 各人民此地ヨリ彼地ヘ移住シ或ハ此地ヨリ彼地ヘ往来スルヲ地方官ニテ之ヲ抑制スル等人民ノ権利ヲ妨ル時ハ、各人民ヨリ其地方ノ裁判所亦ハ司法省裁判所ヘ訴訟苦シカラサル事
(中略)
・ 各人民ニテ地方裁判所及ヒ地方官ノ裁判ニ服セサル時ハ司法省裁判所ニ訴訟苦シカラサル事

注1 戸長とは、当時の地方組織の最末端の役人である。
2 司法省裁判所は、地方裁判所の上級裁判所であるが、後に、1875年1月の大阪会議とこれを受けた同年4月の漸次立憲の詔に従い、同年5月、大審院が設置され、廃止となった。
3 壅閉 握りつぶすこと


 徳富蘇峰をして「本来のラジカル」「制法的頭脳の持主」と言わしめた江藤の面目躍如である。
     (続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。