スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治維新という時代

大西郷は永続革命をめざしたのか?(10)

4 征韓論

征韓論序説
 
 1873年7月27日、清国での大任を終えて帰国した副島外務卿は、7月27日、8月7日と立て続けに、英国公使パークスと会談をもっている。その中で副島は、1872年9月、軍艦春日と汽船に乗船させた歩兵二小隊を率いて釜山に赴いた外務大丞花房義資が、草梁倭館を接収し、外務省の直轄下の大日本公館とした後の現地の状況や当面の日本政府の方針について説明している。

注:ここまでの経過は第二話『ニワトリからアヒルの帝国軍隊』で概略述べておい。一般に征韓論として論じられるのは、1873年6月、7月あたりから、明治六年の政変までのことである。しかし、本当は、征韓論として論じるべきなのは、明治政府成立後、韓国併合までの全過程であろう。

 この会談の模様を記録したパークスの覚書には次のように記されている。

 清国との談判において、「李鴻章も、日本が朝鮮の態度に憤激するのはよくわかるが、現在清国政府の関心は西方におけるイスラム教徒の反乱と、イリ地方におけるロシアの動きと、この二つにまったく引きつけられているので、日本と共同して朝鮮遠征を試みる余裕はないと、副島に語ったという。李鴻章の見るところでは、朝鮮は砲台の建設や、度重なる戦争準備のために、国力を消耗しきっているという。そこで日本が朝鮮の眼を覚ましてくれればありがたいと、李鴻章は述べたそうである。」
 日本政府の見解ないし意図はどこにあるのかと尋ねると、副島は、「目下何をすべきかを検討中であると答えた。」。副島はことばを続けた。「現状をこのままつづけるわけにはゆかない。朝鮮側の非友好的な態度のために、日本政府は下級の役人を2名だけ残して、すべて引き揚げた。朝鮮人は、日本人の居住する建物の窓の下をねり歩いたり、そこで出陣の踊りを演じたりした。これは彼らが崇める海神を祭る儀式にすぎなかったのかもしれないが、しかし日本人に対する非友好的な示威運動の様相を帯びていた。」
 最後に、副島はつぎのように述べた。「今後朝鮮と交渉をつづけるとすれば、艦隊の援護が必要となってくるだろう。


 パークスはこの覚書の中で、パークス自身がこの会談で得た結論として、次のように要約している。
 
 「目下、日本政府は、台湾南部の原住民に対して遠征軍を派遣することを計画している。さらに後日朝鮮と戦端を交えなければならない可能性があることを、日本政府は予期している。」

 この覚書は、1873年7月27日、8月7日の、副島との会談を記録したものであることに、再度、注目されたい。

                           (続く)

※この続きは6月1日からとさせていただきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本国君主「主権者国民」の下僕である「憲法15条憲法99条公僕」に告ぐ

https://sptnkne.ws/e5PZ

「太陰暦ムースクナビコナ百姓オホミタカラ無我不二仏法」
nueq.exblog.jp/20875307/

太陰暦仏法武士道武士田中正造の仏歌
「少しだも人の命に毒なるを 少しくらいはよいといふなよ」
「世の中は学者博士が破るなり 作るは下男織るは織り姫」

出家でも在家でもよいが慚愧して懺悔し太陰暦医王釈尊仏法に帰依するがよい。

ムースクナビコナ仏法は悠久の昔から肉食妻帯悪人正機説専修念佛親鸞聖人浄土真宗である。

釈尊印度仏法と戒が異なるが仏法は不二ゆえに同じものである。


仏教聖典_はげみ_パーリ、本事經39ー40;大般涅槃経

 おのれに恥じず、他にも恥じないのは、世の中を破り、おのれに恥じ、他にも恥じるのは世の中を守る。

慚愧の心があればこそ、父母・師・目上の人を敬う心も起こり、兄弟姉妹の秩序も保たれる。

まことに、自ら省みて、わが身を恥じ、人の有様を見ておのれに恥じるのは、尊いことといわなければならない。

 懺悔の心が起これば、もはや罪は罪でなくなるが、懺悔の心がないならば、罪は永久に罪として、その人をとがめる。

 正しい教えを聞いて、いくたびもその味わいを思い、これを修め習うことによって、教えが身につく。

思うこと修めることがなければ、耳に聞いても身につけることはできない。

 信と慚と愧と努力と智慧とは、この世の大きな力である。

このうち、智慧の力が主であって、他の四つは、これに結びつく従の力である。

 道を修めるのに、雑事にとらわれ、雑談にふけり、眠りを貪るのは、退歩する原因である。

________________________________

「憲法15条奉仕責務違反公僕NHKの受信料詐欺憲法99条違反内乱罪」

この「日本国君主「主権者国民」の下僕である「憲法15条憲法99条公僕」に告ぐ」メールを送信した宛先の「太陽暦」各国ニュースメディアとホワイトハウスと日本国政府省庁及び政府関連団体。

スプートニク(字数制限無し0<)https://sptnkne.ws/e5PZ
Parstoday(0<)parstoday.com/ja/news/iran-i30752
ホワイトハウス(<2000?)https://www.whitehouse.gov/contact/
内閣官房(0<)https://www.kantei.go.jp/jp/forms/cas_goiken.html
人事院(0<)https://www.jinji.go.jp/goiken/index.html
首相官邸(<2000)https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
国税局(0<)https://www.nta.go.jp/suggestion/iken/information_form.html
財務省政策金融目安箱(0<)www.mof.go.jp/financial_system/feedback/index.htm
日本経団連(0<)https://www.keidanren.or.jp/contact.html
日本銀行(0<)https://www.boj.or.jp/about/services/contact.htm/
電子政府e-Gov各府省への政策に関する意見・要望(<2000)https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

通信法を墨守する私の投稿文は他のメールとともに上記アドレスへ、原則一斉投稿している。

注目すべき文字制限は安倍でんでん首相官邸および義家びんせん文科省ですら最低2000文字の余裕があるのに対して、

総務省特別放送法人NHKオンデマンドのご意見ご要望メールフォームではわずかに400文字しか用いることができないようにして、下僕NHKがご主人さま主権者国民の命令に対して傲岸不遜にも勝手ツンぼを決め込んでいる現実がある。

NHKは総務省公僕だから憲法15条に従い国民全体に奉仕する責務があるのに、これに反して主権者国民の命令をまったく無視して一部の者の私利私欲を満たすためにのみ、

国民の個人口座と国庫から憲法25条違反の放送法とマイナンバーで詐取した莫大な受信料収入をその「一部の者」へ密かに奉呈して日本国内で刑法を犯し続けているのである。

NHKの存在自体が日本国憲法最高法規99条に違反する刑法内乱罪現行犯であることを、これらの事実を証拠として明白に証明した。証明終わり
プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。