9条加憲―都議選後の自民党の動きから(続)

 きのうの「朝日新聞」は、改憲問題に関する報道がなく、物足りなかったが、本日付朝刊で、1面、3面、4面にわたって報道し、一気に挽回している。いずれも読み応えがあるが、昨日行われた自民党改憲推進本部全体会議の主な発言を拾っている4面の記事が、何の解説も不要なほどに、現在の同党の混乱ぶりを示しており、興味深い。以下に引用する。

**********************************

保岡興治本部長 都議選の結果は残念だったが、その意味するところを踏まえて改憲に取り組む。臨時国会に自民党の具体的な改憲案を示す目標に向かって議論を進めたい。

河野太郎・前国家公安委員長 9条はかなり議論されているものだったが、緊急事態条項は相当丁寧に議論する必要がある。数多く議論の場を設けて、ちゃんと時間を取る必要がある。

石破茂・前地方創生相 都議選はなんだったのか。「丁寧な議論をちゃんとやって」「分かるようにやって」が都民の意思。きちんと丁寧な議論をやるべきだ。2012年の自民改憲草案には、9条と緊急事態はきちんと書いてある。「書いただけ」と言ったら、自民の言うことは誰も信じない。主権者にきちんと説明せず、国民投票にかけていいはずがない。

山谷えり子・党拉致問題対策本部長 安倍晋三総裁が示された改憲スケジュールを、変えないように支えていくのが、自民党のあるべき姿だと思う。

西田昌司・参院国会対策委員長代理 都議選の最終日に「安倍帰れ」コールをやった連中は改憲はやらない勢力。国民に説得力があるように感じるのは、緊急事態と9条改正は戦争のためにやっていると思っているから。憲法は占領時に作られたと分かっていない。

滝波宏文参院議員 改憲は党是。都議選で色々動いているが、こういう時こそ一致団結して改憲に向けて歩みを進めなければいけない。衆参両院で3分の2の改憲勢力がいるのは今しかない。この時に一字も変えられなかったら後悔する。

佐藤正久・元防衛政務官 緊急事態条項は腰を落ち着けてやる必要がある。国会議員の身分手続きは切り離してやるのも一案だ。

衛藤征士郎・元衆院副議長 臨時国会の会期末までに、総裁は自民案を出すと明言した。私も賛成、ぜひ提出して。9条も緊急事態も、最初から特定政党の要望に応える形で調整するのは避け、純度の高い自民原案をまず出すべきだ。

**********************************

 めいめい勝手に、あっちを撃ち、こっちを撃ち、あるいは撃ちかたやめ!を叫ぶ、まるで敗残兵の一団のようではないか。だが油断してはならない。敗残兵の中には、なんといっても死にもの狂いで、包囲網を強行突破いしょうとする愚かな挙にでる者がいるからだ。

 さて、都議選では、自民党と組むのは危ういとばかりに、どろ船をおりて、小池百合子知事と「都民ファースト」の双胴船に乗り換えた公明党は、前回当選議席数を維持することができた。実に賢いというか狡猾というか、心憎いばかりであった。その公明党の動向が気になるところであるが、それは1面の記事中でフォローされていた。

**********************************

 これに対し、山口氏は5日の記者会見で、憲法改正についての自民党内の議論を見守る考えを示したうえで、「与党の枠組みがただちに憲法の議論につながるものではない」と明言した。公明と敵対した都議選で自民が惨敗。次期衆院選で自民の小選挙区候補が推薦を受ける公明票の重みが再認識され、政権内での公明の発言力が高まるとの見方が広がる。改憲には公明の協力が不可欠なだけに、官邸幹部は「クギを刺された。臨時国会で示すのは現実的ではない」と認めた。

***********************************

 私は、さらに打て!と叫びたい。「『フェアプレイ』はまだ早い」のだ。

                                   (了)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR