スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近現代史に学ぶ

 現在を、過去の歴史のある時代と比較して、そこから教訓を汲み出し、時には現状改善の処方箋を書いたり、時には迫りくる危険に警鐘を乱打したりすることがよくある。

 最近、柄谷行人『憲法と無意識』(岩波新書)と、三谷太一郎『日本の近代とは何であったか―問題史的考察』(同)を続けて読んで、あらためてこの問題を考えてみた。

 柄谷氏は、17世紀以来の歴史を通観し、世界資本主義は、覇権国家(帝国)が確立し、存続する時代と、それが消失し、新たな覇権国家(帝国)の座をめざしてしのぎをけずる時代とが、120年周期で、繰り返されていると言う。
 彼によると、オランダが1750年頃まで、イギリスが1810年頃から1870年頃まで、アメリカが1930年頃から1990年頃まで、それぞれ覇権国家(帝国)であり、そのはざかい期の各60年は、覇権国家をめざす諸国が、しのぎをけずって戦う帝国主義の時代である。
 このようにして現在をこの歴史段階の中に据えると、勿論、帝国主義の時代ということになる。現在を一言で言い表すキーワードは「新自由主義」であるが、これは無限に自由市場の拡大をめざすもので、無限に領土の拡大をめざす古い帝国主義の現代的姿態であるが、それはいつ再び古い姿態に変ずるか誰も予測はできないものである。
 柄谷氏は、少し120年周期にこだわり過ぎて、覇権国家アメリカの成立時期を、15年ほどはやめてしまっているのが気になるが、このような模式を用いて、時代区分をし、その循環性を指摘することは、確かに現在を考え、明日を模索するための補助線を見つけることができる。
 柄谷氏は、この循環模式の仮説から、現在の日本を、1890年代の日清戦争直前の時代になぞらえて考えることを提起している。
 確かに、日韓、日朝、日中の対立と共存、東アジアの現状は、日清戦争直前の時代を彷彿とさせるものがある。

 ただあの時代と違う点が一つある。それはわが国に憲法9条があるということだ。憲法9条があるから、東アジアの課題を解決するには平和的方法以外に選択肢は存在しない。しかし、憲法9条の規範性を後退させると、平和的方法以外の選択肢が浮上してくる。憲法9条が我々を守ってくれるのである。だから我々は憲法9条を護らなければならない。

 三谷氏は、わが国の近現代史を概観し、第一次世界大戦後の大正デモクラシーと呼ばれた時代は、国際的にも、ワシントン体制と呼ばれる平和、軍縮を核とする国際協調の時代であったことに注目する。
 ワシントン体制とは、太平洋海域の安定・現状保全を目的とする日英米仏の4カ国条約、中国の政治的・領土的保全と門戸開放・機会均等を謳う関係9カ国条約、主要海軍国5カ国の海軍軍縮条約と、国際連盟創設、パリ不戦条約等から成り立っており、条約の内容面では国際協調・軍縮・平和、条約形式面では二国間条約ではなく、多国間条約であることを特色としていた。
 三谷氏は、ワシントン体制は、平和共存の政治的軍事的な一連の条約群が、経済・金融面での相互協力・提携関係と表裏一体のものであったことを強調する。

 しかし、それはヨーロッパでもアジアでも、いとも簡単に崩れ去ってしまい、地域主義、ブロック体制、帝国主義戦争に洗い流されてしまった。

 現在を、この文脈においてみると、ワシントン体制は国連体制に進化発展を遂げ、無数のインターナショナルな条約によって、世界は構築されるに至ったが、一方で、中東、アフリカ、東アジアでは紛争と緊張が絶えず、アメリカ、中国をはじめ、自国第一主義が台頭しており、過去と未来が鬩ぎ合っている。

 わが国は、憲法で、「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」(前文)と世界に宣言した唯一の国である。どのようにすれば1930年代の再現を防ぐことができるのか、そのことを真剣に世界に発信する責務がある。
                               (了)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。