スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「菊と刀」のバーター―日本国憲法第9条を考える―その4

軍事関連条項の取り扱いをめぐって(2)

 松本が、「憲法改正要綱」をGHQに提出した当時、憲法問題調査委員会の委員で、法制局次長であった入江俊郎(法制局長官を経て最高裁判事となる)は、後に、『憲法成立の経緯と憲法上の諸問題』(第一法規出版)を著しているが、その中に、入江、宮沢俊義、佐藤功らとの座談会の反訳文が載せられている。そこで佐藤は、次のように述べている(古関彰一『日本国憲法の誕生』増補補改定版・岩波現代文庫より引用)。

 「楢橋さんと石黒さん(石黒武重・内閣法制局長官)が・・・[日本]軍から伝えられたということで、改正案では「天皇ハ軍ヲ統帥ス」という文句は削ってもらいたい。それを残しておくと天皇制もふっ飛んでしまう。平和国家という一本槍で行きたい。・・・そうしたら松本先生が、・・・独立国家たる以上。軍がないということは考えられない・・・。・・・マッカーサーと交渉してそれが[軍規定を残すことが]できないというのならもちろん削る。・・・
 美濃部先生が、憲法を改正する以上は日本は独立国家たることを前提としてやるべきで・・・軍の統帥を置くことも当然[発言]・・・
 宮沢先生が発言して・・・向こうの意向にかかわらず、平和国家という大方針を掲げる以上、日本には道がない・・・むしろ置かない方がいい・・・。」


 佐藤が語っているのは、第一復員省(陸軍省解体後、陸軍軍人・兵士の復員業務を行うことを目的に旧陸軍省を承継した機構)総務局長吉積正雄(陸軍最後の軍務局長)からなされた、「憲法改正要綱」から軍関連条項を削除すべきだという申し入れを受けて、1946年2月2日になされた憲法問題調査委員会総会における議論の模様である。

 これにより旧陸軍省幹部から天皇制を守るためには改正憲法から軍関連条項を削除すべきだとの申し入れに対し、当時、東大の憲法学の正教授であった宮沢俊義が、「平和国家の大方針」にもとづいて、これに賛同していたことがわかる。

注:楢橋さんとは楢橋渡のこと。前の内閣法制局長官で当時内閣書記官長(現在の内閣官房長官)、憲法問題調査委員会委員。美濃部先生とは美濃部達吉元東大教授で同委員会顧問

 GHQに提出された「憲法改正要綱」は松本委員長が委員会の議論によりつつ独自に作成した骨子で、宮沢がこれを要綱の形にしたものであり、松本試案(甲)と呼ばれていた。これに対して異論が多く、旧陸軍筋や有力委員である宮沢からも異論が出されていたわけである。

 実は、憲法問題調査委員会では、これ以外の案も検討されていた。一つは、宮沢、入江、佐藤達夫(法制官僚で後に法制局長官となる。同委員会委員。)がまとめた松本試案(乙)、もう一つは宮沢が単独でまとめた宮沢甲案である。これらにおいては、いずれも軍関連条項は削除されることになっていた。

 私は、このような事実を確認した上で、宮沢が、雑誌『改造』1946年3月号に『憲法改正について』という論文を寄稿していることに注目したい。宮沢は次のように述べている。

 「・・・日本を再建する路は平和国家の建設をおいてほかはないのだといふことを銘記すべきである。憲法改正は専らこの理念にもとづいて為されなくてはならない。
 たとへば、憲法改正において軍に関する規定をどう扱うべきかの問題を考へてみる。現在は軍は解消したが、永久にそうだといふわかではないから、軍に関する規定はそのまま存置すべきだといふ意見もあり得よう。しかし、日本を真の平和国家として再建して行こうといふ理想に徹すれば、現在の軍の解消を以て単に一時的な現象とせず、日本は永久に全く軍備をもたぬ国家―それのみが真の平和国家である―として立って行くのだといふ大方針を確立する覚悟が必要ではないかと思ふ。」


 雑誌『改造』の1946年3月号の発売日は3月1日であるから、宮沢論文は、上記の憲法問題調査委員会総会での自身の主張を踏まえたものと考えてよいだろう。そうすると東大の憲法学の正教授で、かつ政府の憲法問題調査委員会の有力メンバーが、GHQ草案が出る前に、既に9条につながる見解を唱えていたことになる。これはポツダム宣言と9条との「少しの距離」を詰める重要な事実であると私は思う。
                         (続く)
                
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:深草 徹
1977年4月、弁護士登録。2013年4月、セミリタイアして4年。歳を重ねましたが、「これからも、社会正義の話を、青臭く、続けよう」と思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。